>

オークションで売買

オークションで売る

オークション形式で不用品を売ることができます。
まずは中古品の売買専門のサイト上でアカウントを作ります。
登録料はほとんどのサイトが無料です。
登録が完了したら、さっそく売ってみましょう。
オークションで売りやすい商品は、一般的に価値のあるものとされているもの、例えば骨とう品などのようです。
また、いくらの値段を付けたらいいか分からないし平均的な売値を調べる時間もない場合には、自分で売りたい額でのスタートで良いでしょう。
もし、買い手がつかなかった場合、おそらくその値段は商品に対して高すぎるので、値段設定を少し下げ、またリストアップしてみましょう。
ポイントは自分が思っている価値より下げ過ぎない事です。
もちろん、安値であればあるほど、すぐに売れますが、できるだけお金に換えたいと思っている方は少しだけ下げてみましょう。

オークションで買う

逆にオークションでできるだけ安く買いたい場合、先に述べたように売り手はできるだけ高く売りたいと思っています。
そこで初めの値段設定が高めにされている商品にオークション期間の早い段階で表(bet)を入れるのはやめましょう。
そして、そのサイト内や他のサイトで、同じ商品がどのくらいの値段で売られているか、下調べをした方がいいです。
場合によっては、売り手がたいしたリサーチもせず、希望額だけ載せているので、新古品が同じような値段で買えるケースもあります。
また、売り手との駆け引きもありますが、競争相手との駆け引きもあります。
早めで表を入れると、その売買価格自体を早め上げる事になります。
上手にオークションで物を買っている人は、期間が終わるギリギリ数秒まで表は入れずに様子を見ています。
最後の瞬間に、納得のいく価格であれば表を入れる事で買い取る事ができます。


この記事をシェアする