>

固定額を設定、又は無料で売買

固定価格でネット売買する

オークションとは違い、固定価格で販売する場合には、多少なりリサーチをした方が良いです。
例えばブランドの服を売る場合、着用回数が数回のみで汚れなども一切無い場合、持ち主としてはできるだけ購入価格に近い値段で売りたいものです。
しかし買い手からの見方は、新品ではない、どこの誰がどんな扱いをして保管をしているのか分からない状態の服を、たった数回、しかも有名ブランドとはいえ、試着もせず写真だけで判断して買うのですから、もしかするとサイズ数や色が合っているように思えても、実際届いてみると写真と色が少し違う、又は若干サイズが合わない、なんてこともあり得るわけですから、そのリスクを考えると、できるだけ安く買いたいと思うのは正直なところかと思います。
ですので、固定価格を付ける判断材料の一つとして、他の人が同じ、もしくは似たような商品をいくらくらいで販売しているのか調べておくとスムーズに売買ができるでしょう。

無料で中古品を手放す、もらう

固定価格をつけ、それが高いと思われた場合、値切ってくる買い手もいるでしょうし、そもそも価格設定が面倒だ、とにかく今邪魔になったコレを欲しい人にあげたい!という人は、無料でインターネットにのせると手っ取り早いです。
もしくは、不良品や壊れているもの、自分で価値が無いであろうと思っている品も、意外なところで欲しいと思う人はいるものです。
例えば、車のライトカバー。
2つセットで買ったが1つしか必要ではなく、余った片方は右側にしか取り付けられない。
この時、これはもったいないけど捨ててしまおうか、と思う人もいるでしょうが、どこかに右側だけを探している人は必ずいます。
無料であげるとなると、話は早く、取りに来てくれる場合がほとんどでしょう。
しかし、こういったケースでは、実は値段をつけても売れた、なんてこともあるので、無料に近いような価格をつけてお小遣いにするのも良いかと思われます。


この記事をシェアする